Apple Juice

Pikaの日記兼妄想置き場ですw
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

恋と愛 レカス

あれから何人かと付き合ったが、やっぱり違う
彼女じゃない…

人生初のカノジョが彼女だった、一年半ぐらいは続いたが
オレが優柔不断だったため、オレに片思いし続けた後輩と浮気し始めた
その浮気してから三週間後は彼女と話し合い別れたが
彼女は何れかこうなる事を知っていて、友達としてまた付き合い始めた
だが、後輩との交際は半年で終ってしまった
お互いポケモンは大好きで、色々と気が合う仲でもあったが、物事への価値観が違い過ぎて別れた


それから数週間後、悪友がオレの親友の彼氏と別れ
オレもむしゃくしゃしていたのか、お互いノリで付き合いはじめた

たぶん今まで最高の恋人だった
何年もお互いを知っているという理由もあるが、何でも言い合えてお互いとても居心地が良い存在だった
だが、彼女はやっぱりオレの親友が忘れられず
オレも彼女の事は好きであったが何が違った
最終的にお互い恋はしていたが、愛じゃないと判断し別れた
彼女との交際は二年くらい長く続いた

それからオレはポケモンの鍛え直しも含め
己の精神を強くするためにシロガネヤマに篭った

篭る前日、彼女がオレの家にやってきた
どうしたのかを聞くと

「あんたのことだから、どうせまた色々無茶するんじゃないかと思って
ギャラちゃんとニョロちゃんにひでんマシンを覚えさせに来た」

「お、サンキュー」

しばらくしてからお互い黙り込んだ途端
少し気まずくなった
アレから友達として付き合っていたが、やはり人生初のカノジョだったためか
何故か少しそわそわした

「あのねレッ…」
「あ、オレ何か飲み物淹れてくる、カスミ何が良い?」

「…何でも良いわ」

急いでキッチンの方へ向ったが途中足が止まった
何故かこのままじゃいけないと思ったのか
彼女に背を向けながら

「なー…オレのせいでもし色々辛い思いさせちまったら ごめん」
「…」

彼女は無言になり
ひでんマシンを覚えさせ終わった後

「あのねレッド…無茶しないでちゃんと帰ってきてね
私待ってるから」

「おう、何年ぐらい掛かるか分からないけど
終わったら一番にカスミに会いに行くよ」
「ふふ、期待してるわ」

あれから二年経ってオレはずっと山に篭っていた
ただ、この日たまたまポケモンセンターを訪れたら

「マサラタウンのレッドさんですね?」
「はい、そうですが…何か?」
「トキワジムのグリーン様とハナダジムのカスミ様からメールが届いています」

受付嬢から手紙を渡され、手紙のを読みはじめた

親友が悪友とまた付き合いはじめたらしい
オレがアイツから彼女を奪ったせいか
彼には彼女しかいなかったことを気づいたらしい

それからメールを読み続けたら、衝撃が走った

嘘だと信じたかった



アイツが結婚することを



急いで彼女から送られてきたメールを読みはじめた

結婚式への招待状と共に

待てなくてごめんね
愛してたよ

の言葉が





オレと別れた後、彼女のオトコグセが酷くなったのは知っていた
まるでオレを忘れたいためなのか
会う度彼氏が入れ替わっていた
オレより断然いい男を見つけているハズなのに
何故か一緒にいても楽しそうな顔をしていなかった

それなのに結婚?
信じがたかった



招待状の日付をみたら今日だった

時間もあまり無かったせいか

気づいたら足が勝手に動いていた



愛してた





彼女はオレのことを愛していた




何で気づいた時にはもう遅いんだオレは?




お転婆なのに本当は人一倍は女の子らしくて
世話好きで面倒見が良く
水ポケモンが大好きで
ポケモンバトルも好きで
自分の事よりも他人を想う彼女


オレは本当に愚かだ
彼女から告白されて、凄く嬉しかった
彼女が物凄く愛しかったはずなのに
オレの優柔不断のせいか、何時の間に彼女を悲しませてしまった




そして今日から彼女はオレの知らない誰かの大切な人になる
嫌だ…



無我夢中で式場に到着した
ちょうど誓いの言葉を交わす前だった
映画みたいにすぐ中に入り拒絶すれば良いと思ったが
本当にこれが彼女の幸せなのか少し考えた

アイツを悲しませてばかりのオレの側にいても
彼女は本当に幸せになれるのか?


もう時間がない、オレは何を戸惑ってるんだ?

突然後ろから押された振り向くと悪友と後輩だった

「何してんのよ?早く行ってあげなさい」
「カスミさん、レッドさんの事ずっと待ってますよ?」





そうだ彼女はオレの事、本当は待ってくれていたんだ





扉を勢い良く開け
新郎側は全員びっくりした様子だったが
新婦側は遅いんだよと言わんばかりの様な表情でこちらを見た


「キミは一体?」

神父に聞かれたが
無言で彼女をお姫様抱っこで抱えた


「悪いけど、カスミはオレが貰ってく!」
「レッド?!何で…!!」


彼女が台詞を言い切れるまえに
プテを再び出し勢いよく逃げた









暫くしてから近場のハナダの岬にたどり着き
地上に降りた

「カスミ、オレ…」

「バカ!!!」


彼女はしゃがみ込み
大粒の涙を流しはじめた

「バカバカバカバカバカ、バカ!!」

彼女はあの男をやはり愛していたのかと思うと

哀しくなった


「自分勝手でごめん…」


そっと彼女に近寄り
軽く抱きしめた

「でも、オレやっとカスミの事 好きじゃなくて愛してたてる事に気づいたんだ
だから、結婚する前にどうしても伝えたくて…」
「…」


「カスミ?」


「この、ニブチン!! 来るのも気づくのも遅いのよ!
始めて会った時も、ロケット団と戦う時も、最近だって助けに行ったはずが石になっちゃってるし
もう何もかもいつも遅いのよ!!」

言い返せなかった…
オレが遅かったせいで彼女の心も
結婚する予定だったヤツに奪われたのかと思っていたら

「でも、最後はどんな時も誰かのためにヒーローみたいにかっこよく登場して助けちゃうんだから…
レッド、遅すぎて私の事なんかもう助けに来てくれないかと思っちゃったじゃない」

「カスミ…?」

「ずっと待ってたんだからね、私もあなたの事愛してるよ レッド」

「じ、じゃあ、なんであんなやつと結婚なんて?!」

愛してくれてた事は本当に嬉しかったが
先ほどまで結婚しそうになっていた彼女に急に言われても
何故か説得力が感じられなかった…

「戦略結婚よ、先月お父様に言われてね」

戦略結婚て企業などが上手くいくよう
自らの子孫同士結婚させる事だったと思うんだが

「もしかしてオレ、…マズイ事しちゃった?」

「大丈夫よ、お父様もポケモンリーグのチャンピオンで、オーキド博士に認められ図鑑を渡された図鑑所有者が婿にきたら鼻が高いわ」

突然、風で彼女が被っていたヴェールが、落ちた

「カスミ」
「なぁに?」

手がヴェールに掛かり捲り上げた

「柄じゃないのも分かるんだけど、これからは良き時も悪き時も、富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も、オレの隣に居てくれますか?」

「…」

彼女は途端に黙り込み静かに涙を流した

「カスミ?」

「私…レッドの隣にはもういれないと思ってた…」

「は?」

「だって、いつも私じゃない誰かがあなたの隣にいたから…」

涙でせっかくやってもらったメイクが台無しになっていたが
オレはそんな事気にせずに

「それで、お転婆人魚は誓いますか?」

「誓います」

風で被ったヴェールを取り
誓いのキスを交わした

ハナダの岬でこの愛が続く事を願いながら







- | comments(0) | trackbacks(0)

仕事に追われてます\(^p^)/

どうも、pikaです。
仕事に追われすぎて中々思うように更新できなくてすみません(−_−;)
結構体力使う仕事なので早く帰っても気付いたら寝てたパターンが多いです(苦笑
今日は同期との勉強会のまえに何を考えたのか
模様替えをし始めました
おかげで、部屋がまだ少し汚ないです笑

絵ではないですが、ちょくちょく短説を書いてるので良ければpixivで見てください!

- | comments(0) | trackbacks(0)

お久しぶりです

どうも、お久しぶりです豆野です
新社会人になって毎日が勉強です。
最近更新が思うようにできなく本当に申し訳ない気持ちばかりです!
この一ヶ月また更新ができないかもしれませんが、仕事に余裕が出来始めたらまた色々アップして楽しませたいと思います!
通勤中で置き土産が何もなく申し訳ありません。

では、五月か四月後半にまた会いましょう!
- | comments(0) | trackbacks(0)

帰省中

どーも豆野です。
旅行がてら今実家に帰省中です。
そこからまた明日部活の同期と卒業旅行にいってきます。
現在ちまちまと小説書いてるので出来上がり次第pixivに載せます。
パソコンも持って帰ってるので落ち着いたら更新さます( ´ ▽ ` )ノ

ではではsee you later!
- | comments(0) | trackbacks(0)

もうすぐ2月ですね

日記=ネタ帳化してますが
どうも豆野です、なんとか元気になってます

2月にFFF2があって行くかどうかもの凄く迷ってます

マラ蘭
染吹
円夏
一秋
不冬

買いあさりたいなーと(笑)
まぁ招来の道が決まってからの話しですが

内定一つは頂いてるのですが、満足していないので
とことん満足するまでやっています

諦めの悪い人間ですみません
ネタとして今ロケット団レッド×カスミ やら色々考えたりしています。

とりあえず色々頑張ろうと思ってるので
更新しばしお待ちください。


ではでは
- | comments(0) | trackbacks(0)

スタケニ

「ケニー?」

暇で他にやることが無かったから適当に姉貴のDVDを二人で見てた

内容はラブコメだったがぶっちゃけ悪くなかった
とにかくその映画を身を終わったのだが
ケニーはまだぼーとしながらテレビに釘つけだった

「ケネス・マコーミック!」
「わぁ!! なんだよスタンいきなり?」
「オレさっきから呼んでたんだけど…」

なぜぼーとしてたのかを聞くと

「やっぱ恋愛て素敵だなー」
とまるで恋する乙女のように言われた

「ケニーもすぐ見つかるよ」
「どーだろう、僕貧乏だからおかげで臭いし
スタン程筋肉ついてないし
カイルみたいに頭良くないし
カートマン並の話術もない
それにお金のために他人と平然と寝れるヤツだよ」

「たしかにな、でもおまえは
両親と違って色々頑張るし、
お金も妹のために貯金してんだし、
カイルには及ばないがカートマンよりは確実に頭良いし
もちろんカイルとカートマンに比べたら体力ある
そして、オレより話術が達者だ

それに、ケニーおまえは町内一デカイハートを持った男だ

俺がもし女だったら間違えなくおまえに惚れてたぜ」

二カッと笑ったら
急にケニーの顔が真赤になり
いつも被ってるフードを更にキツく縛った

「オレなんか変なこと言った?」
「バカスタン、ぼく知らない!」

変なヤツ、まぁ俺は女じゃなくてもコイツにはもうとっくに惚れてることすら
ケニーは絶対知らないだろう
- | comments(0) | trackbacks(0)

新年明けましておめでとうございます。

 改めて新年明けましておめでとうございます、Pikaです。
久しぶりちゃんとした日記書くなー
最近呟いてばっかりだったので^^;

30日は冬コミ一般参加で色々お世話になっている方々への挨拶兼ねて本買いあさりましたw
クリスマスは・・・平和に過ごしました=ω=
今日は家族で新年会があったので皆でご飯食べに行ってその後はいとこーずとカラオケした感じですv

さてさてただの改造のつもりが急に移転になってしまい、理由はサイトの管理人を初めて7年程が経ったので
ちょっと志を入れ替えようかなーっと・・・
レカスへの愛は変わりません、むしろ膨らむばかりで
そして、昔から実はサウス好きだったのですが、去年からなんとなく爆発しちゃったのでサブメインとして扱うことになりました^^;
ケニーが天使すぎて辛い・・・

話変わりますが、Pika黒執事が大好きなんですよ!
アニメはなんとなく見てましたが・・・
黒執事のきっかけは加藤絵美里さん(赤堤ももこの中の人)がメイリンの声をやるっということで
なんとなく一巻を買ったのですが、ツボった(笑)

もう全キャラが愛しいです=ワ=ノ
順序つけるとしたら 1.シエル、2.メイリン、3.ロナルドですが(笑)

まぁー最新刊出てロナルドさん結構活躍していてそーいえばキャラソン出てたなーとゆーつーぶ見てたら

アゲアゲソングすぎてあるぇ?=ω=;; 状態でしたww
こんな子だったけなー???と思ったら
2曲目の方がぴったりかなとww


以上黒執事話終わり

今は学校などがなくこんな気楽に色々と更新したり描いていますが
またちょっとしたら不定期更新となりますが
何卒見捨てずこれからもよろしくお願いします。

では、see you again
- | comments(0) | trackbacks(0)

レカス

 「寒い」と一言呟き
外を見てみると雪が降ってた
どおりでと思いながらそんな事を気にせず
温水プールの中ポケモン達と再び泳ぎ始めた

何も考えず
ただひたすら泳ぐこの時間
     
     バトル
ポケモン勝負で負けたことや勝ったこと
今日あった嫌なこと、良いこと
ずっと想っているアイツのこと

泳いで泳いで何も考えない
私も何かのポケモンになった様な感覚で

泳いでいる途中スタちゃんにぶつかり「どおしたの」と
長年ずっと一緒にいる一番の相棒に聞いてみると

スタちゃんは空中に浮かび私について来いといわんばかりに何かを示した

上がったら余計冷えるから嫌だなと少し思いながら
上着を着てスタちゃんについていくと
白い雪化粧が少し不似合いの水の町、ハナダシティがまるでマサラタウン

「・・・マサラ」
ぼそっと呟いたアイツの故郷
さっきまで考えようとしなかったあいつの顔が脳裏に浮かぶ

「元気にやってるかしら・・・」と少し不安に思いながら呟き
スタちゃんに中に戻ろうと言った瞬間

「誰が?」

「レッ!?」
振り返ると誰もいなく
とうとう頭でも狂ったと思い頭を抱えたら

「上だよ上!」
と笑いながらのアイツがいた

「何か雪降って余計さみぃーな!」
地上に降り、プテをボールに戻した

「?、カスミどうした??」

バカ!!!と怒鳴りたい
なんでこんな寒い中ココにいるのよ!?と叫びたい
今すぐ彼を抱きしめたい・・・

でも


「なんでもない、久しぶり」

と精一杯の笑顔を見せた
この笑顔の私こそが彼が知っている私だから

「あのさ、今日宿なくってさカスミん家に泊まってもいい?」
「ったく、しょうがないわね スタちゃんが教えてくれなかったらどうするつもりだったのよ」
「プテの体力も尽きそうだったし、なんとか頑張ってカスミん家まで行く」

「ふーん」

またどうせ・・・
「うちのメイド達をナンパするつもりなんでしょう?」
「へ?」

間違えて口に出してしまった思いをバッと両手を被せ
急いで言い訳をした

「ほら、昔うちのメイドにデートしよーとか言ってたじゃん!!」
「あーそういえばしてたなー・・・」

さすが、鈍感と思い心の中でガッツポーズをした

「でも、今回はメイドよりも家の主でもナンパしてみようかなー ゴールドにナンパの術を教えてもらったし・・・」
「あんたがナンパ!?うちのメイドで成功したこともないのに!?」

少し意地悪気味に喋りながら笑おうとしたら

私の手を取り

「可憐な水の専門家さん、明日この白銀の世界に変身したハナダシティーでデートしませんか?」

と耳元で呟いた

「なーんて少しクサかったかな?」

「・・・何よそれ・・・」
顔に熱が込みあがってくのが分かる
怒ろうかと迷ったが

「明日朝起きたら・・・ハナダの中でお気に入りの所連れてってあげる・・・」
恥ずかしそうに言い
彼の反応を見たらぱぁーっと嬉しそうにしていて

「やっぱゴールドすげぇじゃん、家の主へのナンパ成功しちゃったよ」
「言っておくけど家の主は私じゃないからね」
「うそ!?」


少し意地悪をしながら彼に少しよりそい
温もりを感じながら私の家まで戻った
- | comments(0) | trackbacks(0)

レカス

「髪延ばさないのか?」
「どうしたの急に?」
「別に、気になっただけ」


オレの周りの女性を考えてみると、殆どが髪の長いやつばかりで
髪が長いとアレンジがしやすいのか、
ブルーなんか何もない日とかは髪型を良く変える

引き換えカスミは初めて会った時はセミロングだったが
あれからあまり髪を延ばさなくなった

ちょっとしたただの疑問だった

「別に特別な理由なんてないわよ」
彼女は引き継ぎ話しながら作業を続けた

「ただ」
「ただ?」

「ある人に短い方が似合うねて言われて、それが嬉しくてこのままの形にしてるだけよ」

「じゃあ、そいつがカスミの髪を伸ばした姿が見たいて言ったらどうする?」

「...そうしたら、考え直すかもね」

「ショートのカスミも可愛いけど、そろそろ髪伸ばしたカスミを見たいなー」
「なんで、その人があんたって分かったのよ?」

オレは顔が真っ赤になった彼女に近寄り
ギュッと彼女を抱きしめた

「んー髪切ったら短すぎてあまり気に入らなかっていたのに
オレが似合ってるて言ったらすげぇ喜んでいたの覚えてたから」
ポケモンss | comments(0) | trackbacks(0)

私得円夏話です

「円堂君」

別にそこまで気にしてない
彼女がオレを未だに苗字で呼んでくることに
ただ、たまに寂しい気もする

「んー」
「さっきからどうしたの難しい顔なんかして?」


「夏未、オレのフルネームは?」
「円堂守」

「じゃあ、オレは?」
「円堂君」
「いや、そうなんだけどさ・・・」



なんて言えば良いんだ?


「なー夏未」
「?、さっきからどうしたの?」
「オレが夏未を雷門て呼んだらどう思う?」

え?! とびっくりし寂しそうな顔をし

「円堂君がどうしても言うなら・・・」

ちょっと拗ねた態度で答えた

「あ、そう言うつもりじゃなくてさ
夏未今なんか寂しい感じしただろ?
「ええ・・・」

「だからその・・・」

いきなり言葉が詰まった
言えるのに言えない

目の前の彼女が不安な顔をし始め

「やっぱ何でもねぇーや」
ニッと笑い返した


夏未は申し訳なさそうに
「なんだか、ごめんなさい」

と言いその後小さく呟いた一言を
オレは聞き逃さなかった


「守君」


不意打ちに言われなんだか
顔が熱くなりはじめた

「円堂君真っ赤よ」
「夏未もう一回呼んで!!!」
「え?嫌よ!」
「何でだよ?」

「だって・・・」


彼女は寂しそうに
「冬花さんと同じ呼び方になっちゃうじゃない」
「じゃあ「円堂君」は?秋と一緒じゃねぇーか」

「ひ、人を苗字で呼ぶことは失礼な事じゃないからよ!」

でもオレ達、恋人じゃん

「じゃあ、結婚したら守て呼び捨てしてくれるか?」

思ってもないオレの発言に
彼女は真っ赤になり、オレも
自分の発言に真っ赤になった

「・・・そしたら考えてみるわ」
「よっし、約束だぞ!!」

そっと彼女の額にキスを落とし
付き合いはじめてから何度もしてるのに
まだ慣れない彼女はびっくりし

「円堂君、ここ公衆の面前よ!!」
とオレを怒鳴りはじめない
オレは笑ってそれを流した


さていつまたちゃんとプロポーズをしようかな
- | comments(0) | trackbacks(0)